ero-memo

HOME

歌手(かしゅ)は、歌を歌うことを職業とする人。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E6%89%8B

歌(うた)は、?によって音楽的な音を生み出す行為、音楽?文学?エンターテインメント?芸術?)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C

歌の種類
ポピュラー音楽










民族音楽(伝統音楽)




邦楽?」および「歌いもの?」を参照
民謡コマーシャルソング?
歌のジャンル
フォークソング?












歌のジャンル
フランス?にはシャンソン?があり、語源は「歌」を意味する。アメリカ合衆国?にはカントリー・ミュージック?がある。
特定集団に属するものとしては、国歌?軍歌?(自衛隊では隊歌?)、応援歌?革命歌?賛美歌?がある。
クラシック音楽?においては歌曲?オペラ?声楽?がある。
歌謡曲?は、童謡?国民歌謡?戦時歌謡?ムード歌謡?リズム歌謡?テクノ歌謡?など、きわめて広範に及んでいる。
しかし、昭和?以降の現代の日常的な場面で「歌謡」といえば、通常は歌謡曲?流行歌?、それに類する歌詞のある曲を指す。


歌謡曲?
浪曲?
演歌?
リズム・アンド・ブルース?
ジャズ?
ロック?
ラップ?
ワルツ? - ダンス用。
関連項目
アイドル 歌謡曲?
アイドル歌謡曲?
ミュージシャン一覧?
童謡歌手?

ギリシア神話?
愛する妻のエウリュディケー?をしのんで冥界に下り、冥界で彼の奏でた音楽はそこの住人すべてを魅了したため妻を引き連れての現世帰還を勝ち取りながらも、誘惑のため、あと一歩で果たせなかったというギリシア神話に登場する楽人オルペウス?は、西洋における歌謡楽人の祖と評されることがある。
冥界の神ハーデース?とその妻ペルセポネー?は、地上に出るまで決してオルペウスの妻(ニンフ?のエウリュディケー)の顔を見ないという約束でオルペウスに彼女を連れ戻すことを許した。しかし、地上へ急いだオルペウスは、あと一歩のところで誘惑に負けて後ろを振り返り、エウリュディケーを見てしまったため、再び冥界へ降ろされた。

関連項目
カラオケ?

現代音楽? 現代音楽/地域別の動向? 西洋音楽年表?
音楽理論? リズム? 拍子? メロディ? 音楽家? バンド? 即興演奏? 舞台芸術?
楽器? 発声? 弦楽器? 管楽器? 打楽器? 鍵盤楽器? 電気楽器? 電子楽器? 楽器分類学? 楽器分類別一覧? MIDI?
主なジャンル? クラシック音楽? 賛美歌? ポピュラー音楽 ニューエイジ・ミュージック? ルーツ・ミュージック? ブラックミュージック? ダンス・ミュージック? ラウンジ・ミュージック? ゴスペル ブルース ジャズ サイケデリック ロックンロール フォーク ニューミュージック シティ・ポップ カントリー タンゴ リズム・アンド・ブルース ロック ソウル ヒップホップ レゲエ スカ フュージョン クロスオーバー イージーリスニング ボサノヴァ ファンク ディスコ テクノ ユーロビート ハウス 実験音楽 電子音楽 環境音楽 ヘヴィメタル パンク ハードコア オルタナティヴ ノイズ インダストリアル テクノ トランス ジャングル ドラムンベース トリップ・ホップ EDM ゲーム音楽 アニメソング BGM 映画音楽 演歌 歌謡曲 童謡 J-POP

レコード会社? レコードレーベル プロデューサー シングル? EP盤 A面/B面 アルバム スタジオ ライブ コンピレーション カバー リミックス サンプリング 音楽出版
[メディア? レコード? CD DVD-Audio SACD MP3 音声ファイルフォーマット 音楽配信 デジタルオーディオプレーヤー ラジオ ミュージカル映画 ミュージック・ビデオ 音楽番組 音楽ゲーム 音楽雑誌 音楽漫画 音楽評論家?
一覧 音楽家 レコード会社 欧文西洋音楽用語 邦楽 クリスマス
音楽学 音楽心理学? 音楽社会学 音楽療法 音楽美学 音楽民族学 音響学 電気音響工学 音響心理学 音声学 音楽学者 RILM
音 聴覚 耳 内耳神経 一次聴覚野 難聴 イヤーワーム 音波 音高 周波数 基本周波数 倍音 差音 超音波 低周波音 騒音 楽音 音色 純音 正弦波 音圧 デシベル 音速 振動 波動 現象 無音
関連項目 音楽の定義 音楽の哲学 ムーサ 時間 空間 芸能 芸術
Category:音楽? 音楽のカテゴリ一覧? Portal:音楽? プロジェクト:音楽? Category:歌手? Category:音楽関連の職業? Category:娯楽? Category:文化? Category:音楽のジャンル? Category:歌謡? Category:歌? Category:口承?

https://shecool.net/photo/album/asakawa-nana/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%B0%E...
https://namu.wiki/w/%EC%9D%BC%EB%B3%B8%20%EC%95%84...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%82%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%83%A2%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%83%9F%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%83%8F%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:Perfume
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%81%A7%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:SPEED
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:SUPER%E2%98...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E2%84%83-u...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E3%82%A2%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%81%B5%E...
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:AKB48%E3%82...
https://namu.wiki/w/%EB%A1%9C%EC%BB%AC%20%EC%95%84...
https://namu.wiki/w/%EC%A7%80%ED%95%98%20%EC%95%84...

三人娘(さんにんむすめ)

1950年代 三人娘
美空ひばり(MisoraHibari)1937年生。1949年に歌手デビュー。「歌謡界の女王」。1989年歿。
「お祭りマンボ」(1952年): 映画『ひばり姫 初夢道中』劇中歌
江利チエミ(EriChiemi)1937年生。1952年に歌手デビュー。1982年歿。
雪村いづみ(YukimuraIzumi)1937年生。1953年に歌手デビュー。
1960年代 スパーク三人娘
中尾ミエ(NakaoMie)1946年生。1962年に歌手デビュー。
伊東ゆかり(ItoYukari)1947年生。1958年に歌手デビュー。
園まり(SonoMari)1944年生。1961年に歌手デビュー。
1970年代 新三人娘
小柳ルミ子(KoyanagiRumiko)1952年生。1971年に歌手デビュー。
南沙織(MinamiSaori)1954年生。1971年に歌手デビュー。初めてアイドルと呼ばれた歌手。
「17才」(1971年): 南沙織の歌手デビュー・シングル。
天地真理(AmachiMari)1951年生。1971年に歌手デビュー。

『スター誕生!』(スターたんじょう!)

1971年10月3日から1983年9月25日の12年間に亘って放送された、
日本テレビの視聴者参加型歌手オーディション番組。
森昌子(MoriMasako)花の中三トリオ。1971年『スター誕生!』に出場。初代グランドチャンピオンになる。
桜田淳子(SakuradaJunko)花の中三トリオ。1972年『スター誕生!』に出場。同年9月、第4回決戦大会でグランドチャンピオン。
山口百恵(YamaguchiMomoe)花の中三トリオ。1972年『スター誕生!』に出場。同年12月、第5回決戦大会で準優勝。
「秋桜」(1977年): 山口百恵の19枚目のシングルである。「日本の歌百選」に選ばれている。
岩崎宏美(IwasakiHiromi)1974年『スター誕生!』に出場。決戦大会で最優秀賞に輝く。
ピンク・レディー(Pink Lady)
1) ミー(未唯mie)(Mii)
2) ケイ(増田恵子)(MasudaKeiko)
2人組。同級生だった二人は、1976年『スター誕生!』にて合格。
大胆に太ももを開いたりする激しくセクシーなダンスを行うことから、
デビュー当初は成人向け深夜番組の出演が多かった。
渚のシンドバッド(1977年6月10日)
清水由貴子(ShimizuYukiko)1976年『スター誕生!』決戦大会で最優秀賞を獲得。第16回グランドチャンピオンとなる。
石野真子(IshinoMako)1977年『スター誕生!』に出場。第20回決戦大会で合格。
柏原芳恵(KashiwabaraYoshie)1979年『スター誕生!』て合格。グランドチャンピオンになる。
中森明菜(NakamoriAkina)中森明菜」を参照。
岡田有希子(OkadaYukiko)岡田有希子」を参照。
松本明子(MatsumotoAkiko)1982年『スター誕生!』て合格。
本田美奈子(HondaMinako)本田美奈子」を参照。

ミスセブンティーンコンテスト

1970年から1986年まで、「ミスセブンティーン」と題したオーディション大会を開催していた。
『Seventeen』(セブンティーン)は集英社が発売している女性向けファッション雑誌、情報誌。「Popteen」と並ぶ人気雑誌。
久保田早紀(KubotaSaki)
現・久米小百合(KumeSayuri)
1978年全国大会スカウト。1979年にデビューが決まる。
「異邦人 -シルクロードのテーマ-」(1979年): デビュー・シングルのタイトル曲
松田聖子(MatsudaSeiko)松田聖子」を参照。
工藤静香(KudoShizuka)工藤静香」を参照。
国生さゆり(KokushoSayuri)1984年第3回ミス・セブンティーン中国地区代表に選出され全国大会に出場。
1985年にフジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』の特別番組『オールナイトフジ 女子高生スペシャル』に出演。
この特番は同年4月1日から同局で始める新番組『夕やけニャンニャン』のパイロット番組であり、
番組の中でアシスタントとして結成される女性アイドルグループ・おニャン子クラブのメンバー選定も含まれていて、
会員番号8番として『夕やけニャンニャン』開始とともに芸能界デビューした。
「バレンタイン・キッス」(1986年): 秋元康により作詞、おニャン子クラブからのソロデビューシングルとして発売された。

斉藤由貴


1980年代



おニャン子クラブ(OnyankoClub)
可愛かずみ(KawaiKazumi)
酒井法子(SakaiNoriko)
(MoritakaChisato)
アグネス・ラム(AgnesLum)

AKB48グループ

AKB48 : 아키하바라

SKE48 : 나고야

NMB48 : 남바

HKT48 : 후쿠오카

NGT48 : 니가타

STU48 : 세토내해

SDN48 : 성인판

坂道シリーズ

乃木坂46

欅坂46

秋元真夏(AkimotoManatsu)山口真帆あびる李帆?

スターダストプロモーション

모모이로클로버Z

아뮤즈

Perfume

ハロー!プロジェクト

모닝구 무스메

Dearstage

덴파구미.inc

에이벡스

SUPER☆GiRLS

에비스 마스캇츠

유루메루모

矢島舞美
エイベックス・グループ浅川梨奈?
フィットワン彩川ひなの?
TWIN PLANET荒川優那?

あ行

相沢梨紗(AizawaRisa)浅川梨奈?

た行

竹内渉(TakeuchiAyumu)傳谷英里香(DenyaErika)

アグネス・ラム(1977年7月「雨あがりのダウンタウン」)
中森明菜(1982年5月1日「スローモーション」)






花の82年組

松本伊代(まつもと いよ)1981年10月21日「センチメンタル・ジャーニー」
薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ)1981年11月21日「セーラー服と機関銃」
小泉今日子(こいずみ きょうこ)1982年3月21日「私の16才」
早見優(はやみ ゆう)1982年4月21日「急いで!初恋」
石川秀美(いしかわ ひでみ)1982年4月21日「妖精時代」
中森明菜(なかもり あきな)1982年5月1日「スローモーション」

84年組

安田成美(やすだ なるみ)1984年1月25日「風の谷のナウシカ」
岡田有希子(おかだ ゆきこ)1984年4月21日「ファースト・デイト」
可愛かずみ(かわい かずみ)1984年5月1日「春感ムスメ」

85年組


斉藤由貴(1985年2月21日「卒業」)

本田美奈子(1985年4月20日「殺意のバカンス」)

中山美穂(1985年6月21日「「C」」)

86年組

葉山レイコ(1986年4月25日「オフショアの恋人」)
紘川淳(1986年4月25日「失恋ライブラリー」)
相楽ハル子(1986年5月2日「ヴァージン・ハート」)
島田奈美(1986年5月21日「ガラスの幻想曲(ファンタジー)」)
浅倉亜季(1986年5月21日「南の風・夏少女」)
中沢初絵(1986年5月21日「スイート・サマー・レディー」)
清水香織(1986年6月21日「禁じられたヒロイン」)
佐藤恵美(1986年6月25日「キャンバスの恋人」)
森恵(1986年7月7日「夢見るダンス・アウェイ」)
江戸真樹(1986年7月23日「I Love あのコ・夏のMaki」)
藤井一子(1986年7月25日「チェック・ポイント」)
宝生桜子(1986年8月25日「風のテレフォン・コール 〜今、恋しかできない〜」)
勇直子(1986年「センターラインが終わるとき」)












1982年~1985年わらべ(Warabe)
1) 高部知子(TakabeTomoko)
2) 倉沢淳美(KurasawaAtsumi)
3) 高橋真美(TakahashiMami)
1982年テレビ朝日系のバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』から誕生した企画ユニット。
「もしも明日が…。」(1983年): 「ニャンニャン事件」により、高部知子が脱退。2人グループとして再出発。

『FOCUS』の記事では「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服である」という記述があり、
ニャンニャンはその後、性的な意味合いと結び付けられ、当時の流行語にもなった。
後の人気テレビ番組『夕やけニャンニャン』の語源とも言われる。
『FOCUS』が創刊されたのは81年。部数を大きく伸ばし、1ヵ月後の部数が150万部を突破した。
高部本人は写真について「(15歳の当時、)遊びで撮ったもので」
性交渉もなければ「演技の練習で」と実際は喫煙しておらずタバコを咥えていただけと述べている。
『FOCUS』編集部に写真を持ち込んだのは18歳の少年で、元交際相手だった。
金銭目的ではなく、反社会勢力から嫌がらせを受けることになり、保身のためにFOCUSに駆け込んだようです。
写真を撮ったとされる友人が自殺。落ち込んだ高部知子さんは四回自殺未遂を繰り返しました。
現在は、精神保健福祉士の資格を取られ、人々を救う側で活躍されています。
1984年~1989年少女隊(Shojo-tai)当時としては異例のアジア向けのマーケティングをデビュー初期から展開し、
後期には日本よりアジア各国での人気が高かった。
「Korea」(1988年): 1988ソウルオリンピックのイメージソング「Korea」を歌い、韓国でもブレイク。
その影響を受けて韓国でも「セトレ」という3人組の女性アイドルグループがデビューし、
台湾でも同じ少女隊というビビアン・スーが在籍していた女性アイドルグループがデビューした。
1988年~1996年Wink
1) 鈴木早智子(SuzukiSachiko)
2) 相田翔子(AidaShoko)
二人はともに、ワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』が開催したミス・アップの入賞者。
鈴木は第7代グランプリ、相田は第9代グランプリ。
「愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」(1988)
「愛が止まらない」は1988年フジテレビ系ドラマ『追いかけたいの!』主題歌。
1989年、「愛が止まらない」が、オリコンチャート年間第5位となる売上62.95万枚のヒット。
従来の女性アイドル歌手とは趣の異なる控えめなキャラクターで、
「純真な少女の持つ不可侵的な色気」といったイメージを醸し出した。
鈴木は、2009年3月31日薬物服用により救急搬送されたと報じられ、
自殺未遂かなどと憶測を呼んだが、日頃の睡眠不足によって安定剤を服用した旨など、その経緯を説明した。

DVD『NATURAL 〜Respect my life〜』(GPミュージアムソフト、2009年1月23日)

DVD『September Shock』(MUTEKI、2009年9月1日)TEK-014
発売元のMUTEKIは当該作品を「AV」であるとは明言しておらず、
また鈴木自身は、この出演作品が「AV」ではない旨を述べている。
「完全に清純派からセクシー路線に舵を切った」とも評された。
Wink結成30周年の節目である2018年には、Wink再結成も実現した。
1988年~1989年RaCCo組(らっこぐみ)
1-1) 冴島奈緒(SaejimaNao)
1-2) 斉藤唯(SaitoYui)
1-3) 葉山みどり(HayamaMidori)
2-1) 星川ミグ(HoshikawaMigu)
2-2) 森村あすか(MorimuraAsuka)
人気AV女優であった冴島奈緒・斉藤唯・葉山みどりの3人により結成されたアイドルグループデビュー。
シングル「レモンのキッス」(1988年9月21日、クラウンレコード): ナンシー・シナトラのカバー。
ビデオ『Tri Angel』(1988年11月25日発売、ピラミッドビデオ
デビュー間もなく病気を理由に冴島奈緒が脱退し、星川ミグが加入。
1989年1月21日にはアルバム『RaCCo Party』を発売。
その後、葉山みどりが交通事故による長期療養のため脱退。
森村あすかが代わりに加入し、1989年5月21日シングル『WATASHI半人前』を発売。
デビュー時は大きな話題となったが、セールス的には大きな成果は得られず、
日毎に話題性も乏しくなり、グループは自然消滅となった。
https://archive.fo/utzZk
大坪ケムタ? (2009年3月27日). “アダルトビデオクロニクル 86’〜90’/1”. All About. 2012年10月28日閲覧。


おニャン子クラブ(1985年7月5日「セーラー服を脱がさないで」)
https://youtu.be/VSp48Y-Xioo
河合その子(1985年9月1日「涙の茉莉花LOVE」)
うしろゆびさされ組(1985年10月5日「うしろゆびさされ組」)
吉沢秋絵(1985年11月1日「なぜ?の嵐」)
新田恵利(1986年1月1日「冬のオペラグラス」)
国生さゆり(1986年2月1日「バレンタイン・キッス」)
https://youtu.be/j6grrZ3sTTU
ニャンギラス(1986年4月1日「私は里歌ちゃん」)
福永恵規(1986年5月21日「風のInvitation」)
高井麻巳子(1986年6月25日「シンデレラたちへの伝言」)
渡辺美奈代(1986年7月16日「瞳に約束」)
渡辺満里奈(1986年10月18日「深呼吸して」)
内海和子(1986年11月17日「蒼いメモリーズ」)
我妻佳代(1987年11月21日「プライベートはデンジャラス」)
ゆうゆ(1987年3月25日「天使のボディーガード」ゆうゆ with おニャン子クラブ 名義)
うしろ髪ひかれ隊(1987年5月7日「時の河を越えて」)
工藤静香(1987年8月31日「禁断のテレパシー」)
https://youtu.be/VKwYwWyYMDY
生稲晃子(1988年5月21日「麦わらでダンス」)

おニャン子クラブ













87年組

酒井法子(1987年2月5日「男のコになりたい」)
森高千里(1987年5月25日「NEW SEASON」)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます